子供の為の遊園地

ある女がいた。彼女は私に断りもせず子供を産んだ。私以外の男の子供だ。その男が誰だか私は知っている。彼女の旦那さんだ。 まぁそんなこんなで。 その友達の子が4歳位の頃に一度遊園地へ連れて行った事がありました。用があるとかで一日預かったんですね。当時付き合っていた彼女と件の子供と三人、血の繋がっていない擬似ファミリーよろしく行き…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

激越意味無し口調

「我々が望んでいる事、それは全ての幸福の追求であり、全てを排除しそれを獲る自由を有するものでないと誰が言えようか。思えば有史以来の人類の発展は須くこの一事に尽きるのである。それは利潤の追求を排除した上でなされなければならないのである。この叫びを誰に届ければ良いのか、それは他の誰でもない、個々人の心に対してなされるべきものである。万人が万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い日限定簡単レシピ

暑いとですね、その、色々な事があれですね。もう全くもってあれなんですから。 こう、世の中があれだと、暑いと考えをあれするのが、その何だ、一苦労ですね。その上食欲も今一つあれしないですね。 そんな日はこんなモンで腹を膨らませましょう。 1)溺れ鳥茶漬け 丼に軽く茶碗1杯分位の御飯をよそい、御茶漬けの粉末を2袋。お湯は2袋分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログに関するどうでもいい感想(副題:電気の無駄遣い)

ブログって面白いなと思った事を少々。 本文の下に「テーマレーダー」と言うボタンがありますが、これを押すと掲示した文章に出て来るワードが縦に並ぶんですね。で、他の人のUPした似たような題材の文章を探し易いと言う機能だと思うのです。多分。 先般公開して後悔している「架空あれこれそれ」と言う駄文のテーマレーダーを作動させると著者は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

架空あれこれそれ

一応「架空鉄道」と言うジャンルで遊んでいる著者ですが、その著者自身が「あ、こう言うの面白そう、見てみたいな」と指咥え出したら、結構鉄道と言うジャンルを逸脱しちまって、あらざる「架空」モノに進みがちな事もあるんですね。 そもそも架空モノのジャンルとはどんなものがあるんでしょうか? どんなモノが(少なく共3~4人位に)認知されて日の目を見…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

こんなの走ってたらいいな

まぁ、何だかんだ申しましても極論すれば↑の一言に尽きるんですね、架空鉄道と言う遊びは。 著者の実家は鉄道から遠く隔たった大平原の只中にありまして、電車の好きな子供にとってはかなり辛いロケーションだった訳です。記憶にある最も古い夢は、自宅の裏の杉木立の間を走って来るSLでした。いつもこんなカッコイイものが身近に走っていたら嬉しいな、…
トラックバック:169
コメント:0

続きを読むread more

架空あれこれそれ

一応「架空鉄道」と言うジャンルで遊んでいる著者ですが、その著者自身が「あ、こう言うの面白そう、見てみたいな」と指咥え出したら、結構鉄道と言うジャンルを逸脱しちまって、あらざる「架空」モノに進みがちな事もあるんですね。 架空海外ドラマや、架空語源説と言ったいい加減な作品を上げています。 そもそも架空モノのジャンルとはどんなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連投。寂景院の意味

これまで何度か問い合わせを頂いた、本家サイト「寂景院」の意味について書き散らかします。 「寂景院(じゃっけいいん)」はそもそも鉄道模型シーナリー用品を製造・販売しようとして大失敗した際に思いついたブランド名です。 寂とは入寂、遷化、仏教用語でこの世には無いと言う意味を持ちます。姿として見ることの叶わないモノ。 景は景色の景ですが、…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

架空鉄道を余り定義しない

著者はWEB上において「架空鉄道」と言う遊びに神経と余命をすり減らしています。 「架空鉄道」の醍醐味とは、実在する、或いはしない土地に鉄道を敷設して、そこで使われる電車、沿線の景観、会社の来歴、技術の追求、更に架空土地であればその習俗等、およそあらゆる対象を、想像力を動員して創造する事にあると私は考えます。 なぜ創造するかと言えば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口上

08AUG05 本家サイト「寂景院」の更新ラッシュが一段落しました。そこで思った事、サイトを更新してまで書くまでもないたわ言、瑣末なたわ言、無駄なたわ言、二束三文のたわ言等を掲示する場が要るなぁと。 そこでちょいと立ち上げて見ました。日記とは「三日坊主」の枕詞ですが、私は三日も続けて日記を書いた試しがありません。恐らくこのブログも、…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more