寂景院・撫録

アクセスカウンタ

zoom RSS 激越意味無し口調

<<   作成日時 : 2005/08/26 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「我々が望んでいる事、それは全ての幸福の追求であり、全てを排除しそれを獲る自由を有するものでないと誰が言えようか。思えば有史以来の人類の発展は須くこの一事に尽きるのである。それは利潤の追求を排除した上でなされなければならないのである。この叫びを誰に届ければ良いのか、それは他の誰でもない、個々人の心に対してなされるべきものである。万人が万人を敬う世界の構築こそが我々の希求する所であるからである。」

ここまで読んだ方、ご苦労様でした。意味の良く判った方はカウンセリングを受ける事をお勧めします。

こう言う一見激越だけど良く読み返すと全く意味の無い文章を、エンタテーメントとして書いてみたいものです。以前堅気だった頃は良く「研修旅行」の報告書の提出を求められましたが、今考えて見るとその内容は、上記のクズ文章に似たり寄ったりであったと赤面。
それを楽しみの為に真似してみたいなと言うのが本稿の趣旨です。全然大層な趣旨ではない所です。だから何だって訳で。

子供の頃、読書感想文を書かされました。読みたくない本を無理やり読んでどうにかこうにか体裁を整える作業、それは読解力や文章力を高める為ではなく、こじつけや間に合わせの能力を鍛える為ではないのかと疑いながら「ガラスのうさぎ」や「リーパス」の行間をボーっと眺めていました。
結局「解説」をまとめるか、斜め読みした一部のページを繋ぐと言うネガティブ感想文が量産される結果とは相なるのであります。今になってクラス全員の感想文を読みたいな、さぞ面白いだろうなと思ったりするのですが。

色々な文体で遊んで見たいと言う思いが募るのは、学校で学ばなくなってからです。考えに余裕が出来てからです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
激越意味無し口調 寂景院・撫録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる