アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
寂景院・撫録
ブログ紹介
面白い事を考えるのが好き、しかしながら。
一般の人様の「面白い」とデッドリンクの「面白い」を勝手にプロデュース。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
子供の為の遊園地
ある女がいた。彼女は私に断りもせず子供を産んだ。私以外の男の子供だ。その男が誰だか私は知っている。彼女の旦那さんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/08/26 23:22
激越意味無し口調
「我々が望んでいる事、それは全ての幸福の追求であり、全てを排除しそれを獲る自由を有するものでないと誰が言えようか。思えば有史以来の人類の発展は須くこの一事に尽きるのである。それは利潤の追求を排除した上でなされなければならないのである。この叫びを誰に届ければ良いのか、それは他の誰でもない、個々人の心に対してなされるべきものである。万人が万人を敬う世界の構築こそが我々の希求する所であるからである。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/26 13:59
暑い日限定簡単レシピ
暑いとですね、その、色々な事があれですね。もう全くもってあれなんですから。 こう、世の中があれだと、暑いと考えをあれするのが、その何だ、一苦労ですね。その上食欲も今一つあれしないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/19 22:27
ブログに関するどうでもいい感想(副題:電気の無駄遣い)
ブログって面白いなと思った事を少々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/18 21:39
架空あれこれそれ
一応「架空鉄道」と言うジャンルで遊んでいる著者ですが、その著者自身が「あ、こう言うの面白そう、見てみたいな」と指咥え出したら、結構鉄道と言うジャンルを逸脱しちまって、あらざる「架空」モノに進みがちな事もあるんですね。 そもそも架空モノのジャンルとはどんなものがあるんでしょうか? どんなモノが(少なく共3〜4人位に)認知されて日の目を見ているのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 26 / コメント 0

2005/08/18 12:37
こんなの走ってたらいいな
まぁ、何だかんだ申しましても極論すれば↑の一言に尽きるんですね、架空鉄道と言う遊びは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 159 / コメント 0

2005/08/18 12:20
架空あれこれそれ
一応「架空鉄道」と言うジャンルで遊んでいる著者ですが、その著者自身が「あ、こう言うの面白そう、見てみたいな」と指咥え出したら、結構鉄道と言うジャンルを逸脱しちまって、あらざる「架空」モノに進みがちな事もあるんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/13 22:43
連投。寂景院の意味
これまで何度か問い合わせを頂いた、本家サイト「寂景院」の意味について書き散らかします。 「寂景院(じゃっけいいん)」はそもそも鉄道模型シーナリー用品を製造・販売しようとして大失敗した際に思いついたブランド名です。 寂とは入寂、遷化、仏教用語でこの世には無いと言う意味を持ちます。姿として見ることの叶わないモノ。 景は景色の景ですが、これは単に視覚ばかりではなく、五感の全てを表します。匂、味、音、触を表現したいと言う意味です。 院は寺院の院で、これは語呂が良いので適当に付けました。 「既に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2005/08/11 23:31
架空鉄道を余り定義しない
著者はWEB上において「架空鉄道」と言う遊びに神経と余命をすり減らしています。 「架空鉄道」の醍醐味とは、実在する、或いはしない土地に鉄道を敷設して、そこで使われる電車、沿線の景観、会社の来歴、技術の追求、更に架空土地であればその習俗等、およそあらゆる対象を、想像力を動員して創造する事にあると私は考えます。 なぜ創造するかと言えば、自分が見たい景観を創造したい、或いはこれまで見てきた景観を、自分のフィルターを通して再構築したい、著者はそのような目的を勝手に定めています。 鉄道と言う輸送シス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/11 23:02
口上
08AUG05 本家サイト「寂景院」の更新ラッシュが一段落しました。そこで思った事、サイトを更新してまで書くまでもないたわ言、瑣末なたわ言、無駄なたわ言、二束三文のたわ言等を掲示する場が要るなぁと。 そこでちょいと立ち上げて見ました。日記とは「三日坊主」の枕詞ですが、私は三日も続けて日記を書いた試しがありません。恐らくこのブログも、そう長続きしない運命にあると申せましょう。 しかしながら、ふと思いついたネタ、ネタと言う程のモノでもない愚かしい事、さっき見た夢等の、「実生活の役に立たない事こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2005/08/11 22:30

月別リンク

寂景院・撫録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる